リノベーション費用の目安とは?

リノベーション費用の目安

リノベーション費用のこれで間違いないという金額は物件によってコストが変わり、リノベーション業者に見積もってもらわなければなりませんが、それなりの相場感を見てみましょう。

マンションのリノベーション相場

マンションのリノベーションの相場:約15万円/㎡

こういった風に平米単価の相場を把握していると、大まかな計算が可能です。これにより予算の計画が立てやすくなります。凡その基準としては、約15万円/㎡です。

設備費を個別にみると、概算の価格帯としては次にあげるようになります。

キッチン:60~90万円
浴室:80~100万円
トイレ:20~30万円
洗面:20~30万円
もちろん、グレードアップをしたりすれば予算はUPします。

リノベーション予算の立て方

リノベーションは部屋の間取りから作り変え、住居としての性能を確固たるものにすることができます。リフォームは古くなったものかつ壊れたものの修繕を意味し、マイナスをゼロに戻すイメージです。対してリノベーションはマイナスをプラスにする(別ものにリニューアルする)ようなイメージになります。

そんなリノベーションはリフォームよりも規模が大きい工事になるため費用が掛かりやすいことがほとんどです。今回については予算・諸費用・予備費についてご案内します。

予算別にできること

以下は、予算別にできることのおおよその目安です。あくまで目安であって、物件それぞれに構造や条件が違うため、その条件によっては手を入れることができる範囲が限られます。

予算 リフォーム・リノベーション実例
50万円 壁・トイレ・キッチン周り等の部分的な設備の交換(リフォーム)
150万円 キッチン・浴槽・水道周りの設備の交換(リフォーム)
300万円 壁の立て直し・水回り等のリノベーション
500万円 キッチン周り・トイレ・風呂等の水回りのみのリノベーション
1,000万円 マンション一戸、トータルなリノベーション

マンションなのか、戸建てなのかで予算が変化したり、建物の構造によってもリノベーションできる範囲がバラバラです。

費用がかかると同時に、大規模な工事になるため、工事期間がかかります。そんな時の居住地や諸費用も計画した上で、リノベーションを考慮しましょう。

工事期間の住居など諸費用も考慮

大規模な工事を必要とするリノベーションは設備・内装・壁もすべて排除してしまうので、工事が完了するまで住むことはできません。

リノベーションの期間中、別に住む場所を確保することが必要です。敷金礼金などの初期費用が不要なマンスリーマンションに仮住まいするというのも一つのやり方です。マンスリーマンションは希望する期間に合わせて住むことができ、リノベーション業者によってはアナウンスしてくれるところもあるようです。

また、リノベーションの計画をする際には工事が遅延することも計画しなければなりません。

追加工事等の予備費

綿密に計画を立てても不測の事態が起こることがあります。その時には追加工事が求められ、さらに費用が必要です。

例えば、床や壁を剥がしてみたところ、予想しなかった箇所の支障がみつかるなど、ここで修繕しなければならない場合があります。

そんな不測の事態のために、工事費は目安よりも多く見積もっておきましょう。私も名古屋のデザイナーズマンションをリフォームしたときは、工事費は目安よりも多く見積りました。